YouTube音楽をiPhoneへ転送

少なくても一度は、「自分のYouTube音楽をiPhoneやiPodへどうすれば転送できるだとう」と、Appleモバイル所有者は自問自答したことがあると思います。大げさな話ではないけれども、今も尚複数の動画をiTunesへ同時に追加する必要がある場合、特定の問題が起きるかもしれません。YouTube To MP3コンバーターを使えば、このクイックチュートリアルの簡単なほんの5つしかないステップを読み終えた後、お持ちのデバイスでお気に入りの曲や大好きなYouTube動画を視聴できます。

本ガイドはMac版プログラムを使用して記載されていますが、Windows版で

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード


  1. iTunesのエクスポートを有効にする

    YouTube To MP3コンバーターを起動し、プレフェレンス画面を開きます。音楽出力タブへ切り替えます。iTunesへ追加というオプションが有効になっているか確認してください。ダウンロードした音楽をiTunesのある特定のプレイリストに追加できますし、またはそのプレイリストが無くてもできます(後で空のプレイリストを作成可能)。

  2. 音質

    まだプレフェレンスにいるのであれば、希望の音質に調節できます。デフォルト設定では、オリジナルのM4A形式が使用されており、それほど音質に拘らなければ、当社としてはこの値のままにしておくことをお勧めします。この場合、ビットレートや音質を自分仕様に設定することができます。

  3. iTunesをチューニングする

    お持ちのiPhone (iPod, iPad)をコンピューターに接続し、iTunesの同期オプションを調節します。iTunesで接続されているデバイスを選択しミュージックに切り替えます。全ての音楽を同期するか、またはある特定の曲・アーチスト・アルバム・プレイリストを選択できます。最後のオプションを選択する場合、ステップ1のプレイリストを選択したか確認してください。

  4. YouTube音楽を追加する

    iTunesを設定しデバイスを接続しているので、YouTube動画をiPhoneへ転送をするのを始められます。YouTubeの全ての動画を本プログラムのダウンロードリストへ追加し、開始ボタンをクリックします。YouTube動画をYouTube To MP3コンバーターへ追加する方法に関しては、こちらの総合チュートリアルをお読みください。

  5. 同期デバイス

    4まで終えたら、iTunesを接続したデバイスとただ同期するだけです。終了です!


ダウンロード
サイズ: 27.69 Mb
ダウンロード
サイズ: 24.84 Mb
Install
Software Center
Install from
MediaHuman repository

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード

comments powered by Disqus