車で聴けるようiTunesミュージックをUSBドライブへ転送

Tunesで豊富なミュージック コレクションを持っていらっしゃるでしょう。自分の車でその同じ曲を聴きたくはありませんか?MediaHuman 音楽コンバーターを使用すれば、iTunesを必要であればどこへでも持ち運べるフラッシュスティック型のUSBへ簡単に変換できます。

次のステップに従っていくと、お持ちのiTunesアルバムをUSBフラッシュドライブへ記録するのに数分の内に完了します。

本ガイドはMac版プログラムを使用して記載されていますが、Windows版で

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード


  1. 下準備

    MediaHuman オーディオ コンバーター.を起動します。本プログラムを適切に設定する必要があるので、設定ウィンドウを開きます。それでは、次のオプション設定を確認していきましょう。お持ちのUSBドライブへのパスに対する出力フォルダのパラメーターを設定します。次に、既に設定されているのであれば、iTunesへ追加のオプションのチェックを外します。最後に、フォルダ構造を維持のオプションを有効にし、下にあるiTunesミュージックフォルダへのパスを指定します。設定ウィンドウは以下の図のようになるはずです:

    一般設定
  2. 出力形式の選択

    設定ウィンドウでは、曲を変換する出力形式を選択します。その曲を車内で聴くつもりであれば、MP3かあなたのカーステレオに対応する他の形式を恐らく選択するはずです。出力ファイルの品質を調節することもできます。

  3. アルバムの選択

    iTunesからMediaHuman オーディオ コンバーターへ追加する準備が整いました。iTunesを開きアルバムへ切り替えてください。iTunesからアルバムをMediaHuman オーディオ コンバーターの画面へドラッグ&ドロップします。

    変換はiTunesアルバムを追加する
  4. 変換

    アルバムの追加を終えたら、ツールバーにある変換ボタンをクリックすると、お持ちのiTunesミュージックをUSBディスクへ転送が開始します。

    iTunesを開いてUSB転送
  5. 追記(本ステップ外)

    プロセスが実行している間、当社はあなたに覚えていてほしいことがあります。MediaHuman オーディオ コンバーターは、最高のパフォーマンスを引き出すために、お持ちのコンピューターのCPUコアを全部使い転送します。この動作はプレフェレンスで設定できます。さらに、本プログラムは入手できるあらゆる表紙絵を自動取得します。無い場合は、Last.fm、Google画像、DiscOgsから適切な表紙絵を見つけようとします。

  6. 既にiTunesはUSBに

    転送が完了すると直ぐ、USBデバイスを取り外し車内でiTunesの曲を楽しめます。簡単だったでしょ?MediaHuman オーディオ コンバーターを使えば、他の音声形式も同じ手軽さで変換することができます。


ダウンロード
サイズ: 30.42 Mb
ダウンロード
サイズ: 30.19 Mb
ダウンロード
サイズ: 30.35 Mb

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード

comments powered by Disqus