なくなった歌詞を瞬時に見つける方法

私たちは皆、音楽を聴くのが好きですが、時折その音楽に合わせて歌いたくなるものです。好みの音楽の歌詞を見つけるにはたくさんの方法があります。MediaHuman 歌詞ファインダーは、歌いたい歌詞を最終的に覚えられるよう、一番簡単で最も早い方法を提供してしていると思います。以下の簡単チュートリアルに従えば、もう二度と歌詞を無くすことはないでしょう!

本ガイドはMac版プログラムを使用して記載されていますが、Windows版で

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード


  1. 歌詞ファインダーの起動

    MediaHuman Lyrics Finderを起動します。メイン画面が以下のように表示されます:

    歌詞ファインダーのメイン画面

    かなり簡単でしょ?上にある2つのツールバーボタンは、対応する個々の音楽ファイルやフォルダー全部を追加させてくれます。対応形式:MP3、M4A、AAC、FLAC、ALAC、OGG、WMA、APE

  2. 歌詞を見つけるために歌を追加する

    1曲しか追加したくないなら、このボタンをクリックしましょう ファイル追加ボタン 次にオープンダイヤログでファイルを選択します。

    または、全曲をフォルダーに追加して歌詞をバルクで見つけるには、フォルダー全体を選択することもできます。このボタンをクリックしてください。フォルダー追加ボタン 次にフォルダー選択ダイアログでフォルダーを選択します。

  3. 歌詞がもうそこにあります!

    たったこれだけ!MediaHuman歌詞ファインダーは瞬時に歌詞を割り当てます。リストにある楽曲を選曲すればその歌詞を右側パネルに表示されます。上部にあるプレイヤーバーで音楽の再生と一時停止を行います。

    アプリが歌詞を検索しているところ

    歌詞に誤字がある場合、修正したくなるかもしれません。 編集ボタンをクリックしてください。歌詞編集ボタン 編集モードへ変更する。回復ボタン 歌詞再読込みボタン 歌詞を再読込みします。フォントサイズを調整したい場合は右下角にある1組のボタンを使用します。

  4. プレフェレンスの調整

    さて、手元にある歌の歌詞を見つける方法を学んだところで、歌詞ファインダーが提供するいくつかの設定を再度確認してみましょう。左下角にあるボタンは何だと思いますか?それは設定メニューを表示します。

    設定メニュー

    設定メニューではもう必要ないファイルをリストから削除する、既に歌詞があるファイルを隠す、リストにある全てのファイルを選択する、そしてプレフェレンスを設定するなどができます。

    MediaHuman歌詞ファインダーはシンプルなアプリなのでそれほど設定は多くありません。

    設定ダイアログ

    インターフェイスで表示する言語の選択、歌詞のデフォルトフォント設定、そしてプロキシーサーバの指定ができます。本プログラムはインターネット経由で歌詞を入手するので、いくつかのシステム上では、サーチエンジンへの直アクセスがネットワーク設定のせいで利用できない場合があります。このような場合、このオプションを有効にしてプロキシー設定を入力してください。本プログラムはHTTPとSOCKET 5プロキシーに対応しています。


ダウンロード
サイズ: 16.04 Mb
ダウンロード
サイズ: 10.75 Mb

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード

comments powered by Disqus