WMAをMP3へ変換する方法

時折、お使いのコンピューター上でたくさんのWMAファイルを見ることがあります(特にWindowsからMacへ移行した場合)。Windows Media PlayerはWindowsのCDをパソコンに取り込むことを目的としたデフォルトアプリケーションでした(もちろん、出力形式はWMA)。Macでサードパーティー製ツールを使わずにWMA音楽を扱うのは重要です。ですから、このクイックチュートリアルを見てもっと楽なものにしましょう。

本ガイドはMac版プログラムを使用して記載されていますが、Windows版で

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード


  1. WMAファイルを追加する

    変換目的でWMAファイルを追加するには、MediaHuman オーディオ コンバーターを起動してツールバーにある追加ボタンを押します。お持ちのオーディオファイルが入っているフォルダを見つけそれを選択します。

    変換するにはWMAファイルを追加する
  2. MP3形式を選択する

    全てのファイルを追加した場合、MP3形式を選択する必要があります。それを行うには、ツールバーの4番目のボタンを押してください。

    出力形式としてMP3形式を選択する

    形式ボタン上の矢印を押すと、最近使用した形式が表示されるでしょう。最近使用した設定へ瞬時に変更するのに役立ちます。

  3. 出力形式の設定を選択する

    ここでMP3形式を選択しコード設定(チャンネル、ビットレート、サンプルレートなど)をできます。事前に定義した設定から選択したり、新しい設定を作成したりできます。それを行うには、カスタムを選択し各オプションを個々に指定していきます。何度も使用することを考慮し保存すると良いでしょう。

    形式設定を調節する
  4. 変換開始

    これでMP3への変換を開始する準備が整いました。ツールバーの右側にあるボタンを押してください。

    変換プロセスを開始する
  5. 処理の間待つ

    変換プロセスが開始され、完了するまで一休みできます。さて、伝えなければならないことがあります。本プログラムCPU性能をフルに使用しますので、CPUコア全てを使って1回分の変換を始めます。アプリのプレフェレンスでそれを制限できます。

  6. 変換完了

    WMAファイルの全てがMP3形式へ変換されました。検査ボタンを押すと、変換されたファイルを探すことができます。開く必要がある全てのファイルは、このボタンを押すとできます。

    変換されたファイルを探すには、検索オプションを使用する

このオーディオ コンバーター・チュートリアルが、あなたにとって簡単でわかりやすいと思っていただけたら幸いです。


ダウンロード
サイズ: 30.40 Mb
ダウンロード
サイズ: 30.10 Mb

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード

comments powered by Disqus