'Watch Later'再生リストをMP3へ変換

YouTubeのWatch Later機能は、再生リストを使って後ほど視聴する動画を都合よく保存させてくれます。当社のアプリはこの再生リストから全ての動画をダウンロードしてMP3で保存するのに役立つでしょう。

本ガイドはMac版プログラムを使用して記載されていますが、Windows版で

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード


  1. ダウンロード&インストール

    MediaHuman YouTube To MP3コンバーターの最新版をダウンロードしてインストールします。対応OS: Windows, Mac OS X, Ubuntu/Linux

  2. 認証情報

    画面の左下角にあるプレフェレンスを開きます。

    プレフェレンスダイアログを開く

    認証タブへ切り替え、あなたのYouTubeログイン情報を入力します。認証されライトがグリーンに変わったことを確認してください。

    YouTube認証情報を入力する
  3. 再生リストのリンクをコピーする

    好みのブラウザを開き、YouTubeサイトへ移動してから“Watch Later”再生リストを開きます。それで、そのリンクをクリップボードへコピーしなければなりません。ブラウザのアドレスバーを右クリックし、適切なコマンドを選択します。

    Watch Later再生リストのリンクをクリップボードへコピーする
  4. リンクを貼り付ける

    ツールバーにある強調表示されているボタンをクリックすることでリンクをYouTube To MP3コンバーター アプリケーションへ貼り付けます。別の方法として、ブラウザからURLを本プログラムへドラッグ&ドロップしても行えます。

    Watch Laterリンクを本プログラムに貼り付ける
  5. ダウンロードの準備

    これから、YouTube動画のダウンロードの準備を始めます!全て開始ボタンをクリックし、ダウンロードリストから全ての動画をローカルで保存し、MP3へ変換します。個々の動画や再生リストをダウンロードリストへ追加することもできます。ダウンロードプロセスはバックグラウンドで行いますので、他の動画がYouTubeからダウンロードされている間でも動画を追加し続けることができますので留意してください。

    Watch Later再生リストから全ての動画をMP3へ変換する

あなた個人の再生リストからでもダウンロードできます。気に入った動画お気に入りの再生リストも同様です。


ダウンロード
サイズ: 27.94 Mb
ダウンロード
サイズ: 24.85 Mb
Install
Software Center
Install from
MediaHuman repository

他の対応OSを入手 / オプションのダウンロード

comments powered by Disqus